FC2ブログ
--'--.--.--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)
2007'11.26.19:58

買ったどー!

カレと初めて出会ったのはいつだったか。
そう、忘れもしない実家へ帰るバスに乗る前に毎回立ち寄る浜松町の本屋dan。
なんとな~く帰りのバスの中で読む本を物色していたときに目に付いた平積みにされていたあなた。
まず表紙のイラストに一目惚れ。
そしてあおり文に一目惚れ。
ヴァンパイアロマンス?!
迷うことなくレジへゴー。

バスの中で一人その面白さに感動してました。
買ってよかった・・・ッ

はい。
前置き長くなってすみません。
そんな訳で、巷で話題?のヴァンパイアロマンス「トワイライト」
第3期クライマックスの7・8・9巻が発売されました。
もちろん即効ゲット。
しかーし!
実はまだ読めてません。
7巻すら読み終わってません。
なんでしょうね、なんか最初の頃の情熱があまりないみたいです。
あと、これ読んだら終わっちゃうんだな~ってのもあるのかも。
もう続きが読めないんだ、とか。
結構ナイーブな人間なんです。

読み終わるのはなんだか当分先になりそうだけど、読んだら感想でもかきたいと思います。
それから皆様の感想も読んでいこうっと。
それが楽しみ♪

あと、「メディエータ」っていう小説も買いました。
これもアメリカのティーン小説なんですけども。
面白いんですよ。
まだ読めてないですけど。
これは話はもう完結してて、1~3巻がでてるんですが、その1巻の前の話をエピソード1・2・3って刊行されることになったんです。
んで、1~3巻持ってる私としてはその前もでたら買うしかないじゃん?みたいなノリで買いました。
こっちも読み終わったらまた感想でも書きたいと思います。

これらを読む前にたぶん、30日発売のコバルトを先に読んでしまいそうなんですよね。
2冊買うの決定してますから。
早く読みたいな~っと。
スポンサーサイト
買った本トラックバック(0)  コメント(0)
2007'11.19.21:42

最近買った漫画

相変わらず漫画を色々と買ってます。
最近買ったもの、まずは。

はちみつの花はちみつの花
(2006/08/18)
木内 たつや

商品詳細を見る

あたい、身分違いの恋、どんだけ好きやねん。って感じでしょうか。
ヒロインの女の子が田舎語喋ってるのがちょっと残念だったけど(「おら○○だべ」って・・・)、まぁ慣れたらよし、です。
絵も可愛いし、ほんわかしててよいですね。
普通に両想いだし、若旦那と使用人って絶対結ばれない関係だろうけど明るいので悲愴感ないし、こういうのもいいですね。
どこかのヴィクトリアン朝の二人はとても悲愴な感じでてますからね。。
あれはあれで大好きですけど。
そんな訳でこれからも買う漫画ですね。

次はー。

ヴィーナス綺想曲 1 (1) (花とゆめCOMICS)ヴィーナス綺想曲 1 (1) (花とゆめCOMICS)
(2006/11/17)
西形 まい

商品詳細を見る

これは絵が綺麗だな~と思ってて、でも表紙買いはしないほうなんで買うつもりはなかったんですけど、レビューみて中学生男子と女子高生のラブ?っていうの知って買いました。
年の差大好き☆なんで。
しかし中学生に全く見えない男の子にちょっとがっかりでした(笑)
まぁ高校生のヒロインのキャラが好きだったのでよかったですけど。
少年っぽい女の子より普通の女の子の方が好みなんですけどねー。
でもまぁなんだかんだで気になるので続巻も買うと思いまする。

次にー。

黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)黒執事 1 (1) (Gファンタジーコミックス)
(2007/02/27)
枢 やな

商品詳細を見る

これは・・・中古で1巻だけあってなんとなく買ってみました。
私、魔探偵ロキ好きなんですけど、ロキ好きは好きになる漫画ってきいて買ってみたんです。
ロキ好きが好きな理由は十分すぎるくらいわかりましたが、漫画的に好みではなかったー。
なにって可愛い女の子がいない!!
ヒロインがいるんです、私には。
可愛いヒロインがいない漫画なんて漫画じゃねぇやい!的な悲しい考えを持ってしまっている人間にはイマイチでしたねぇ。
って訳で続きは買わない方向で。

あとー。
めぐる架空亭 (花とゆめCOMICS)めぐる架空亭 (花とゆめCOMICS)
(2004/04/05)
草川 為

商品詳細を見る

草川さんの漫画を全部集めようってことで買いました。
この漫画は草川さんを好きになるきっかけの漫画だったりします。(本誌で読んだとき)
これで全部揃ったどー!
「龍の花わずらい」も「十二秘色~」ももちろん全部持ってます。
どれも好きです。
でも読みきりが一番好きだったりします。
草川さんの読みきり面白いんですよ~。
買った本トラックバック(0)  コメント(0)
2007'10.05.16:25

いっぱい買った。

最近一眼レフカメラが欲しくて、カメラ雑誌をいろいろ見てるんですが、「LOVE カメラ」って雑誌が気に入って買い集めてます。
新刊の文庫と漫画もでてたので、雑誌と一緒に購入。
買ったのは「伯爵と妖精」と「BLEACH」の新刊とそのカメラ雑誌3冊。
なかなかバラエティに富んだ組み合わせだなぁと自分で勝手に思いました。
もうコバルトを堂々と買える年齢ではないので、結構恥ずかしいんですよねぇ。
同じく少女漫画を買うのもなかなか恥ずかしくなってきた今日この頃・・・。
30になっても漫画もコバルトも読んでいられるかしら、と不安になってしまいます。
ま、読みますけどね。

「伯爵~」は短編集だったんですね。
てっきり本編だと思ってたので、拍子抜けでした。
いやすごーく面白かったんですけど、早く早く本編が読みたくて。
もうものすごく楽しみにしてましたもん。
次は1月くらいかなぁとか思うとまた随分お預けになりますね。

ジャンプは発売が早くていいです。
二ヶ月に一回とか嬉しい。
少女漫画は間が空くのがいかんとですね。
お気に入りの漫画を見つけて、やっぱり少女漫画はいいなぁと思ったのでした。
また好きな少女漫画についても語りたいと思います。
買った本トラックバック(0)  コメント(0)
2007'06.09.19:09

6月の新刊。

ようやく6月の新刊を買いました。
コバルトでは「伯爵と妖精」のみです。
んで、コバルトの隣あたりに置いてあった、ルルル文庫という小学館から創刊された少女小説も1冊買ってしまいました。
どうもこの度新しくできたみたいですね。
私の気になるストーリーのやつばかりで、正直あれもこれも欲しかったですが、そんなお金もないのでなくなく1冊選びました。
作者の名前をビーンズ文庫で見たことがあったので、選んでみたんですが、なかなか面白かったです。
ちなみに買ったのはこれ。
プリンセスハーツ 麗しの仮面夫婦の巻 プリンセスハーツ 麗しの仮面夫婦の巻
高殿 円 (2007/05)
小学館

この商品の詳細を見る


これからが気になる感じですね。
続編でれば買うと思います。

「伯爵と妖精」はまだ途中までしか読んでないですが、やっぱり面白いなぁ~と思いました。
途中リディアに感情移入しまくって泣きまくってしまいました。
少しでも釣り合うようにって一生懸命やってるのに、全て裏目にでるし、どんなに頑張っても釣り合わないと思い知らされるだけ。
そして落ち込んでも彼に甘える方法もわからない。

切ないです。
リディア、頑張れ。
エドガーも頑張れ。

っていうか最後まで読んでから感想書くべきですね。
買った本トラックバック(0)  コメント(0)
2007'05.27.21:14

最近買ったのは・・・

またしてもご無沙汰になってしまいました

という訳で、ここ数ヶ月で買った小説について。

3月はとりあえず「伯爵と妖精」の新刊を買いました。
相変わらず良かったです
ついに二人は婚約したんですね。
と言っても、問題は山積みでまだまだこれからって感じですけど、とりあえず一段落といった感じでしょうか。
最近はエドガーが素敵な感じに見えてよいです(笑)
前はリディア派だったけど、ここんとこエドガー贔屓になってきてます
なんかものすご~く応援してしまう。
ひどい男だったりもするけど、辛すぎる過去を持ってるからなんか許してしまうんですよねぇ(苦笑)
たまに弱ったところを見せられると強気な態度にでれないリディアの気持ちよくわかるわぁ(笑)
そんな訳で、エドガーには是非とも幸せになってほしいなと思います。
リディアを幸せにしてあげて、というより、リディアに幸せにしてもらってって思うのは私だけ?なんでしょうね
次巻はもうすぐ発売ですね
即効手にいれたいと思います。
それと、6月29日にはドラマCDも発売ということで、楽しみが増えました
遅ればせながら、ようやっとアマゾンで予約しました。
おうちに届くのを楽しみに待ちたいと思います。

あとはコバルトでは「月色光珠」の新刊を買いました。
そんなに楽しみにしてるわけではないのに、何故か出ると買ってしまう憎い(笑)作品です。
でも今回は主役二人の関係がちょっと進展してるみたいで楽しみです(実はまだ読み終わってないのです)。
こんな感じできっと最後まで買ってしまうんだろうな

コバルト以外では、毎回ものすご~く楽しみにしてる「少年陰陽師」の外伝を買いました
これが物凄く良かった!
元々涙もろい人間ですが、読みながら号泣してしまいました
天馬の話がもう泣けて泣けて・・・。
切なすぎて涙なくしては読めませんでした。
本当によいお話でした。
読み終わって、「あーもう少年陰陽師大好きだ!」って叫ぶくらい(笑)
読んだことない人は是非ともオススメです。
この外伝から読んでもよいと思います(ダメかな?)
最初から読んだほうがいいに決まってるけど、長いのでね
またいつか「少年陰陽師」についても語りたいなぁと思います。

翼よいま、天へ還れ―少年陰陽師 翼よいま、天へ還れ―少年陰陽師
結城 光流 (2007/04)
角川書店

この商品の詳細を見る


「少年陰陽師」と同じビーンズ文庫の「瑠璃の風に花は流れる」シリーズも新刊が出る度に買ってしまいます。
そんなに楽しみにしてるわけじゃないのに(パート2)
なんだろ、何かが気になるのかもしれません。
こちらもまだ読み終わってないんですが、「月色~」の後にでも続き読もうと思います

瑠璃の風に花は流れる 黒の王太子 瑠璃の風に花は流れる 黒の王太子
槇 ありさ (2006/04/28)
角川書店

この商品の詳細を見る


とまぁこんな感じで、あんまり小説読めてません
仕事も私生活もあわただしい日々が続いていて、ゆっくりと本を読む時間がないんですよね。
最近、私生活が落ち着きを取り戻してきたので、また小説も読んでいきたいと思います。
本当は通勤時間で読むはずだったのに、通勤が車になって本を読むのが不可能になりまして・・・。
ちょっと残念

それでは、「伯爵と妖精」の新刊読んだらまた感想でも書きたいと思います。
買った本トラックバック(0)  コメント(0)
 |TOP
Copyright © 乙女的思考な本棚. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。